失敗しない塗り替え

ここが大事

  • 塗替えで失敗しない6つのポイント

  • 代替画像

    見積もり依頼した会社の営業マンが、必ず10年以上の現場での経験が有るのか?

  • 代替画像

    塗装は奥が深く、現場での経験が不可欠です。

  • 代替画像

    見積もりに来る営業マンは国家検定一級技能士を取得していますか?
    また、現場での作業を行う職人さんも一級技能士を有していますか?

  • 代替画像

    取得には7年以上の塗装経験が必要で、一年に一回実施テストと学科テストを受け
    合格した者が名乗れる塗装業界の最高国家資格です。
    1級技能士ではない人が、1級技能士を名乗ると30万円以下の罰金を科せられます。

  • 代替画像

    一般建設業許可の有無

  • 代替画像

    まず塗装・防水工事などの県知事許可の有無を確認してください。
    県知事許可は(5年以上の経営業務の管理責任者の経験があること、塗装業の国家資格又は10年以上の実務経験のある会社のみ与えられる許可です。一般建設業許可の有無で、その会社自体の規模、資金力、社会的信用が分かります。

  • 代替画像

    リフォーム瑕疵保証の有無

  • 代替画像

    いい加減な業者が多いこの業界、ニュースなどにも良く取り上げられますが、全国的にクレームが増え、優良店とそうでない会社の差別化を図る意味も含め、国がリフォームに関しての瑕疵保険制度を作りました。いわば国が推奨している安心保険です。
    (詳しくは国土交通省HPにリフォーム業者をお探しの方で参照出来ます。)

  • 代替画像

    地元に密着した塗装屋さんですか?

  • 代替画像

    必ず施工物件10件を見せてもらいましょう。
    その業者の実績と、施工力が分かります。

  • 代替画像

    自社職人がいる会社ですか?

  • 代替画像

    自社職人がいないと塗装工事を完全に丸投げされます。
    下請け業者では、利益を出そうと手抜き工事をされることが多いので、確認が必要です。 

                                 アクセスカウンター

 
    
                                
お問い合わせ
ページトップに戻る