屋根塗装

1.養生

塗料が付いてはいけない箇所にビニールやテープを使用し養生・マスキングを行います。細部までキレイに仕上げるために、養生の工程は非常に重要なため、慎重に行います

2.高圧洗浄

屋根に下地塗料がしっかりと密着するよう高圧ジェットで屋根をキレイに洗浄します。洗浄が不十分だと塗料本来の機能や耐久性が発揮できなくなるためしっかり洗浄を行います。

3.下塗り

下塗りは上塗りと屋根を密着させる接着剤のような役割を持っています。下塗りが不完全だと上塗りのはがれの原因などにつながるため確実に施工をいたします。

4.縁切り

塗装により雨水が通る溝をふさいでしまっている箇所の塗膜を切ります。屋根そのものを傷つけないよう縁切りを行います。

伊藤塗装ではタスペーサーの使用をお勧め致します。

5.中塗り

塗料本来の機能性や耐久性を発揮させるためには塗料メーカーの基準に則った厚さに塗装する必要があります。中塗りをする事により十分な塗膜の厚さを確保します。

6.上塗り

中塗りに続き、保護だけでなく住宅の美観を担う上塗りをいたします。塗料メーカー基準の厚さを守りながら、お客様にご満足いただける質感になるよう熟練した職人が丁寧に施工をしていきます。
                                 アクセスカウンター

 
    
                                
お問い合わせ
ページトップに戻る